「情報発信が恥ずかしい」と思うことが恥ずかしい【やるか、やめるか】 | 磧本優佑 Official Blog

「情報発信が恥ずかしい」と思うことが恥ずかしい【やるか、やめるか】

「情報発信をしたいけど、なんか恥ずかしいな」と思っている人に参考になる内容なので、3分ほどお付き合いくださいませ。

「情報発信が恥ずかしい」と思っていた根本的な理由

私が、情報発信が恥ずかしいと思っていた理由は下記のとおりです。

  • 理由①:身内に見られたくない
  • 理由②:職場の人に見られたくない
  • 理由③:昔からの友達に見られたくない

たぶん、この記事を読んでいるあなたも同じような気持ちでいるはずです。
今振り返れば、あのときにやめずに前進してきてよかったと思っています。

身内に見られたくない

「ネットに情報出すのはやめた方がいいんじゃない?」と言われたこともあります。

私のことを心配してこのようなことをいったのでしょう。

 そんなこと言っている時代じゃないね…

今では個人でブログやSNS、YouTubeを使ってビジネスをする働き方を理解しつつあります。

結論、情報発信は”中途半端”でやめると恥ずかしいです。

最初はバカにされたり、やめなさいとか言われるかもしれないですが、コツコツと継続すると、周囲の景色も変わります。

職場の人に見られたくない

情報発信が恥ずかしいと思う理由に、職場の人にバレたくない、、という気持ちはかなり強いですよね。

ちなみに、私もそうでした。

 過去の自分に、伝えたい言葉

「やるなら全力でやれ、やめるなら今やめろ」ですね。

情報発信って、適当にやってもマジで成果が出ません。

やるなら本気モードで鬼継続しないといけないわけです。

 全力で情報発信するようになった背景

最終的に、組織は自分を守ってくれないな…と思ったからです。

ガソリンスタンド時代、私はお金に困っていました。
その窮地を救ってくれたのが、ネットで情報を発信して価値を与えるビジネスでした。

組織は、どんなに自分が困っていても固定給分しか出ません。

でも、自分でビジネスを行えば、頑張れば頑張るだけ収入を得ることができる…ということに魅力を感じ、どっぷりとこの世界にのめり込みました。

昔からの友達に見られたくない

情報発信が恥ずかしいと思っていた理由で、けっこうデカかったのがここですね。

いま考えたら、超ちっちゃい悩みです。

・変に思われたらどうしよう
・友達としての関係が終わってしまったらどうしよう
・発信してるけどビジネスが上手くいかなかったらどうしよう

内容的にはまったく恥ずかしくないけど、
情報発信をしている行為そのものが恥ずかしいと感じているだけなら、
振り切って突っ走ったほうがいいです。

「情報発信が恥ずかしい」と思う人に言いたい言葉【やるか、やめるか】

情報発信が恥ずかしいと思っていた過去の私を含め、声を大にして伝えたいことがあります。

 「やるか、やめるか」を決めましょう

もう、この一言につきます。
とくに初動の段階では、ダラダラと作業をし続けても目に見える結果は出ません。

「情報発信が恥ずかしい」なんて、昔の話

いまの時代、個人が情報発信するなんて当たり前の時代です。
そもそも恥ずかしがる必要性はゼロです。

 SNSを使わないで生きていこうとするなんてナンセンス

 どんな職業でも、情報発信すべき

「情報発信が不要な業種など、ない」ですよ。

  • 料理家 → 作っているところなどを発信
  • 書道教室 → 教えている風景などを発信
  • ハンバーグ屋 → 新メニューなどを発信

上記は、あくまでも例えですが、日々の発信が本当に大切です。

「恥ずかしい」と思わない発信スタイル

「情報発信が恥ずかしい」と感じない発信スタイルには、コツがあります。

 途中経過を見せること

これは、私が日頃意識していることなのですが「完成スタイルを自慢するかのような発信はしない」ことを心がけています。

 理由:人は途中経過が見たいから

大半の人は、出来上がったモノを見るよりも、モノが仕上がっていく過程に興味があるわけです。

  • ねぇ、私キレイでしょ?
    → ちょっと鼻につく
  • 私、どんどんキレイになっていってない?
    → 応援したいし、自分も頑張ろうと思う。もっと見たい。

こんなイメージですかね。

それでも「情報発信が恥ずかしい」なら、やめるべき

情報発信をするなら、全力でやるべきです。
そうでないのであれば、潔くやめましょう。

これからの時代、情報発信をしないのは
存在しないのと同じになってきます。

覚悟を決めて、情報発信をやりましょう。

タイトルとURLをコピーしました